news

ニュース

2023.01.24        Chanoma
詩と朗読の会「ポエジーたちのいるところ」を開催します
1/28(土)の夜は、「Chanoma(チャノマ)」にて、詩と朗読の会を開催します!

企画は、ニシイケバレイでプレハブを活かした図書館「ホンダナ」を運営してくれている、アラマホシ書房さん。

以下、アラマホシ書房 さんの投稿より。

「ホンダナ」も14時からオープンしておりますので、ぜひ合わせてお越しください🤲

ーーー

「ポエジーたちのいるところ」

ニシイケバレイ×アラマホシ書房の第一回目のイベントは、詩作活動を行う[pH7]と[川窪亜都]さんの二組を招いて詩の朗読会を開催します。集まってみなさんと、場と時を共有しながら、詩情(ポエジー)の生まれるその「ところ」を探ってみたいと思います。

当日は、二組それぞれの刊行物、ph7『pH7.1「詩情的状況(コンディション)」』、川窪亜都『知っている・知らない街に出てみる』も少量ですが販売してくれます。ぜひ、それを手元に参加していただければ幸いです。

[日時]
2023年1月28日 19:30-21:00 (19:15開場)
当日は、ニシイケバレイのライブラリー「ホンダナ」も14時からオープンしております。

[場所]
ニシイケバレイ「Chanoma」
(東京都豊島区西池袋5-12-3)

[参加費]
無料

[出演]

pH7
擬民主的に文字に奉仕する、アクティビスト・コレクティブ。2022年8月に集合、同年11月にpH7.1「詩情的状況(コンディション)」を発行。メンバーは、片田甥夕日、伊澤椅子、片山嵐大郎。

川窪亜都(かわくぼあど)
2000年、東京都生まれ。早稲田大学文学部哲学コース4年在学中。詩を書いています。散歩(と喫茶店)が好きです。

[企画]
アラマホシ書房
選ぶこと・貸すこと・つくることを軸に、本を介したささやかな関係性を楽しむプロジェクト。西尾久での貸本屋、ニシイケバレイでのライブラリーを中心に、雑誌『おのおの』の制作や、各地イベントにて出張貸本屋などを行う。メンバーは、えじり、こたぎり、ナカムラソラ
OTHER NEWS
2023.01.26   other
2023.01.18   Terrace
2023.01.16   other
2023.01.15   Attic
2023.01.09   other
2023.01.06   other
2023.01.01  
2022.12.26   Attic
2022.12.23   other
2022.12.20   other
2022.12.19   Terrace
2022.12.08   other
2022.12.07   other
2022.12.05   other
2022.11.29   Terrace
2022.11.18   other
2022.11.16   Attic
2022.11.14   Terrace
2022.11.11   Attic
2022.11.01   Terrace
2022.10.26   Terrace
2022.10.25   Chanoma
2022.10.21   other
<
>