<Attic>  デザイナー・日神山 晃一

Now Construction…

建物のコト

MORE ARTICLE
<Chanoma>   建築家・須藤 剛
<ニシイケバレイ>   建築家・須藤 剛
<
>
<ニシイケバレイ>  建築家・須藤 剛

大都市に現れたピクニックできる散歩道

現代の私たちの都市での暮らしは、いろいろなもので制御され、あまり自発的に考えなくても生活ができるようになっています。

とても便利ですが、それだけでは自分で考える力を養う機会や、自然とのつながりを感じることのない暮らしになってしまうのでないかと思います。

江戸時代からまもり育ててきたこの地を、使い方を与えるだけではなく、使う人が小さな発見をできる場所にできたら、より豊かな場として引き継いで行けるのではないだろうか。

そんな考えの下、ニシイケバレイにちりばめた工夫を解説したいと思います。


ニシイケバレイのエリア内に複数建つ建物と建物の間は、裏側のスペースと捉えるのではなく、めぐる楽しみを作る場所として整備することにました。

そのためまずは、「Chanoma(チャノマ)」をぐるりと囲んでいた万年塀を、思い切って撤去することから始めました。


道は、敷地内から張り出した枕木やレンガで舗装するなど、通路と敷地の境界をあえて曖昧に。

ちなみに、地面に使われていたレンガや御影石を、そのまま道脇の花壇として活かすなど、素材の使い方も一つに縛られない工夫をしています。


ニシイケバレイをめぐる楽しさの演出のひとつとして、各所にエリア名を示すサインも掲示。街に溶け込ませるため、街区表示板を模したデザインに仕上げています。
「町中の道路でピクニックできるかも?」。そんな想像力を掻き立てるような場所が池袋という大都市にできたらよいなと思っています。

文責:建築家・須藤 剛(すどう つよし)
Tsudou Design Studio/株式会社須藤剛建築設計事務所 代表取締役、日本大学非常勤講師 | ニシイケバレイの建築や全体エリアの設計を担当
写真:池ノ谷侑花

建物のコト

MORE ARTICLE
<Chanoma>   建築家・須藤 剛
<Attic>   デザイナー・日神山 晃一
<
>
<Chanoma>  建築家・須藤 剛

くらしに、自然とのつながりと小さな発見を

現代の私たちの都市での暮らしは、いろいろなもので制御され、あまり自発的に考えなくても生活ができるようになっています。

とても便利ですが、それだけでは自分で考える力を養う機会や、自然とのつながりを感じることのない暮らしになってしまうのでないかと思います。

江戸時代からまもり育ててきたこの地を、使い方を与えるだけではなく、使う人が小さな発見をできる場所にできたら、より豊かな場として引き継いで行けるのではないだろうか。

そんな考えの下に手掛けた、「Chanoma(チャノマ)」の設計のポイントを解説します。


Chanoma(チャノマ)の入り口や庭には、庇(ひさし)や道と庭を緩やかに仕切る、領域を作る役目として、スチール製の細いフレームを設置。

これは植物の住むパーゴラであり、カウンターを取り付けるための柱であり、そしてお客さんを迎えるゲートでもあります。


正面は、外の地面と同じ高さのまま続く土間と、大きく開くことができる木製サッシで、中と外とがおおらかにつながるようにしました。

そうすることで、ニシイケバレイの豊かな緑や、まちにふく風、自然を感じることができる場所としました。

また、固定の縁台と可動のベンチは同じデザインにして、中と外の差をあいまいにする工夫も凝らしています。


建物の内部は、視線の抜けを作ることを意識しました。

土間から和室、和室から縁側、縁側から庭、庭から通路と、幾重にも空間が重なり、奥の向こう側にまた外が見えます。

そのほかにも、トイレへの動線は、光を反射させるシルバー塗装を使って通路の奥をうっすら明るくしたり、天井に隠れていた使わなくなった電気配線(碍子など)はあえて残したり・・・など、ちょっとしたことを発見するための工夫をちりばめています。

ぜひ実際にChanoma(チャノマ)を訪れて、小さな発見を楽しんでみてください。

文責:建築家・須藤 剛(すどう つよし)
Tsudou Design Studio/株式会社須藤剛建築設計事務所 代表取締役、日本大学非常勤講師 | ニシイケバレイの建築や全体エリアの設計を担当
写真:池ノ谷侑花

建物のコト

MORE ARTICLE
<ニシイケバレイ>   建築家・須藤 剛
<Attic>   デザイナー・日神山 晃一
<
>